スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>

京四郎と永遠の空


京四郎と永遠の空感想
京四郎と永遠の空感想

京四郎と永遠の空
☆☆☆☆☆

大崩壊から10年、復興のシンボルとして作られた巨大学園都市「アカデミア」。
学園生活をエンジョイしながらも、どこかなじめない少女「白鳥空」の前に、
彼女が夢の中で見た王子様と瓜二つの少年「綾小路京四郎」が現れる。

白馬の王子様の電波アニメ

たぶん、多くの視聴者は第1話で切りたくなったかもしれない。

白馬の王子様に憧れる独り言の多い少女、
心の中のセリフが多すぎてウザイって感じる人もいるかも知れない。
なれるのに時間かかりました。というか、最後まで慣れませんでした。
他に出てくる女の子はほとんど電波系の女の子ばかり。

たぶん、まともに全話見れたという人は少ないと思う
多くの人が1話か、5話くらいで見たくなくなる、
それほどまでに完璧に視聴者を置いてけぼり。
作者の独りよがりの作品なのかもしれない。

キャラクターが電波なのはとりあえず、我慢するとしても
肝心のストーリーが・・・、完璧な少女の妄想ストーリー。

王子様がここぞと言うところで助けにくる(主に白馬付き)、
実は兄が本当の敵だったり、ヒロインの空と京四郎の心理描写はお決まり。
ベタなストーリーでも構いませんが、それを進めるのが
電波キャラと王子様なのでストーリーや設定が頭に入りにくい。

たぶん、作者としては「なに?!」とか「なんだって?!」みたいな
反応を望んでいるようなところも、見てる方としては
「???」となってしまう(苦笑)

ただ、カズヤ兄の暴走っぷりはある意味評価出来ましたが
もう、完璧なネタアニメですね。
ずっと昔の少女漫画に、無理矢理ロボットアニメをくっつけた。
そんな印象を覚えました。

絶対天使のバトルは、なかなか迫力があるので
そこのシーンは観ていて面白かったですが・・・
ほんと、評価できるとしたらそれくらいです。

ここまで作者の独りよがりのアニメを見たのは初めて(苦笑)

京四郎と永遠の空 全12話/840円
今すぐDMMで見れちゃいます♪1話目は無料配信中!⇒こちらから

スポンサーサイト
>

BLUE DROP ~天使達の戯曲~


BLUE DROP ~天使達の戯曲~感想
BLUE DROP ~天使達の戯曲~感想

BLUE DROP ~天使達の戯曲~
★☆☆☆☆

離れ小島・神隠(かみおき)島。平和なそこである日、
全島民が1人を除き全滅するという謎の異変が発生。
たった1人の生き残りである少女・若竹マリは間もなく救出されるが、
既に彼女は過去の記憶を失っていた…。それから5年後。
中高一貫教育制で全寮制の名門女子校「私立海鳳学園」に編入したマリは、
そこで出会った不思議な魅力を持つ級友・千光寺萩乃に徐々に惹かれあっていく。
しかし、萩乃の正体は異星人の地球調査艦の艦長エカリルであった。
やがて萩乃はマリを守るため、本星に反旗を翻す。

きもちわるい・・・

第一話で首絞め。(苦笑)
あの展開には流石に引きましたが・・・。
(上の太字部分は、某有名アニメから引用w)

声優陣はたしかに豪華、話の無い様や雰囲気は良作を醸し出してるが
かなりの凡作、いや駄作で終わってしまった作品。

序盤は百合物の、古い学園アニメを見ているかのような展開。
いちいち頬を染めるキャラクター、理解できない言動、
謎だらけで全然進まないストーリー。

たぶん、前半部分で見るのをやめた人は多数いたと思います。
自分も挫けそうでした・・・。

なんというか、魅力が無い。
百合要素があるなら、もっとエロいシーンとか萌え要素があるのかとおもったけど、
簡単に言えばガチ百合みたいなもので、
観ていて「気持ち悪さ」みたいなのが漂ってきた。

たぶん、作ってる側は「女の子同士の友情」を描き、
更にその先には「恋愛」があった、みたいな雰囲気にしたかったのかもしれないけど、
その展開が安易すぎる。
この年で、もっと百合ってことに抵抗が無いのだろうか。

学園モノのと戦争モノという組み合わせにも失敗してしまっている。
マリと萩乃が物語の中心であることはわかるけど、
脇役が邪魔をしている(苦笑)

最終話まで一応見ましたが、うまくまとまってはいるけど
見て損をしたと思えてしまう作品です。

ただ、声優さんや音楽は非常に良く
人によってはこの作品を受け入れられるかもしれないので
一応、★1つおまけしておきました。(苦笑)

1話目をみて、嫌悪感を感じなければ最終話までは見れると思います。

BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 全12話/808円
今すぐDMMで見れちゃいます♪1話目は無料配信中!⇒こちらから

>

ナイトウィザード


ナイトウィザード感想
ナイトウィザード感想

ナイトウィザード
★★☆☆☆

テーブルトークRPG「ナイトウィザード」を原作にしたTVアニメ。
裏界の魔王たちは、長年に渡って人間界に侵略を試みてきた。
それは、200X年4月から「マジカル・ウォーフェア」と呼ばれる戦争に突入。
その戦争を終結させることができる“七徳の宝玉”を集めるため、
柊たちナイトウィザードが闘いを繰り広げる!

王道ファンタジー版ドラゴンボール

玉をあつめると言う設定で、ドラゴンボールが浮かんでしまいました(笑)
内容の方は、もうがっちがちの王道RPG系ファンタジー
ストーリーは玉を集めながら、淡々と進んで行きます。
このままラストだったら、微妙な感じの作品になっていたと思いますが・・・

なんと、最終話付近でまさかのどんでん返し。
似たような感じのアニメだとワールド・デストラクションが近いかな。
このどんでん返しがあって、かなり面白くなりました。

しかし!良いところで最終話(苦笑)
せっかくのどんでん返しも台無しにするくらいあっさり終わってしまい
物足りない作品になってしまいました。

問題点は序盤のツマラナさ。
あつめる玉の数を減らして、早めに最終話付近の話へもっていき、
もう一捻り何か話があれば、非常にいい作品になったのにもったいないです。

微妙な萌えも結構詰め込んでいるのですが、(巫女、ゴスロリ、眼鏡etx)
全然生かしきれてません。
これなら、時代が時代ですしエロ要素を入れまくったほうが
当たったんじゃないのかなと思います。

全体的に二味くらい足りない作品でした。

ナイトウィザード 全13話/882円
今すぐDMMで見れちゃいます♪1話目は無料配信中!⇒こちらから

>

ヨコハマ買い出し紀行


ヨコハマ買い出し紀行感想
ヨコハマ買い出し紀行感想

ヨコハマ買い出し紀行
★★★★☆

「お祭りのようだった世の中」がゆっくりと落ち着き、
「夕凪の時代」と呼ばれた近未来の日本を舞台に、
「ロボットの人」である主人公アルファと
その周囲の人々の織りなす「てろてろ」とした時間を描いた作品。

時代の黄昏を感じる作品

普通の日常
いや、普通の日常よりもゆったりとのんびりとしたアニメ。
こんなに、雰囲気のあるアニメは久しぶりに見た気がします。

特に大きなイベントが有るわけじゃない、
恋愛も無い、戦闘も無い、世界の破滅も無い。
ただ、日常を過ごしている。

カメラで写真をとったり、コーヒーを飲んだり、
普段忙しくて忘れかけた休日の過ごし方みたいなのが
このアニメにはたくさん詰まっている。

面白い作品かどうかをを聞かれたら、そうではない。と言い切れる。
いつも見ているアニメが「コーヒー」だとしたら、
これは「ココア」のような感じ。
似ているけど違う、同じ色合いだけど違うもの。

勿体無いのは全2話という点。
原作の漫画は、全14巻で完結しているようなので、
ぜひ、もう一度アニメ化してくれないかな・・・。

この雰囲気と安らぎは、今の世の中には必要なのかもしれません。



>

続きを読む

>

幽幻怪社


幽幻怪社感想
幽幻怪社感想

幽幻怪社
★☆☆☆☆

主人公如月妖華は、由緒あるエクソシストの子孫。
伝統的なやり方に飽きた彼女は自分の会社、
幽幻怪社を東京の新宿の摩天楼の中に立てる。
妖華は、悪霊や鬼をはらう際、古くからある知識などだけでなく、
口紅入れ型レーザー剣や霊的エネルギーを出すイヤリングなど
といった斬新ともいえる武器を用いる。

劣化版ゴーストスイーパー美神

OVAのアニメなので知名度は相当無いと思われる本作品。
内容は幽霊を絡めた事件簿みたいな話で、全4話。

武器や主人公の雰囲気が、
そうさせるのかゴーストスイーパー美神に非常に似ていた。
ただ、内容はあくまで劣化版。
演出に力強さが無く、全4話でも観ていて結構辛かった。

でも、有限会社と幽幻を絡めた設定は非常に面白く
様々な霊能者が出てくる点は物がたりの展開として楽しめた。

全体的にB級くささがただよっており、
あえて見る作品ではないというのが印象として残ってしまた。

声優さんは有名な人が結構出てるので、
ファンなら見ても損はない作品かもしれない。

>

夜明け前より瑠璃色な


夜明け前より瑠璃色な感想
夜明け前より瑠璃色な感想

夜明け前より瑠璃色な
★☆☆☆☆

大昔に月に渡った人々が作ったスフィア王国(月王国)。
だが、500年から660年前頃に起こった戦争(第1次~第4次オイディプス戦争)以降は
地球との関係は冷え切った状態が続いており、地球における唯一の窓口である
「満弦ヶ崎中央連絡港市」に王国の大使館、月人居住区画、
王立月博物館などが設置されているものの、
一般市民の月との往還はほとんどなくなっていた。
そんな満弦ヶ崎中央連絡港市に住む朝霧家に、
月王国の王女がホームステイすることになった……。

キャベツ

アニメ業界を震撼させた伝説の作画崩壊アニメ

作画崩壊とは、普通の人は「作画崩壊?あ、アニオタがよくいってるやつねw」
とか言うぐらいの認識です。
そう、作画崩壊の半分位はアニオタの細かい指摘だったりします。
しかし、残り半分は事実です。(苦笑)


http://guideline.livedoor.biz/archives/50725860.html(日刊スレッドガイドより)

キャベツです。これはキャベツだそうです。
This is キャベツ
いやいやいやいや(笑)、ゴムボールじゃんw

肝心のストーリーの方は、非常にシンプルな感じです。
駄作の要素である「中途半端」な雰囲気が全体に散りばめられています。
シリアスも、ギャグも、ラブコメも全部中途半端。
ラストは予想通りの展開です。

設定と内容にズレが有ったように感じます。
国家間紛争という大きな出来事、近未来的SF、それにラブコメ。
色々な要素を混ぜすぎた感じがします。

B級ですらない、C級のSFアニメ。
なんというか、お遊戯のような陳腐さが漂ってます。

ネタばらしになりますが、
主人公がいきなり死んで、あり得ない生き返りをした時点で
もう失笑しか浮かびませんでした。(苦笑)

作画崩壊ではヤシガニことロスト・ユニバースも有名ですが、
あちらは内容がマシだったので見れましたが、
こっちは無理です、非常に息苦しいアニメでした。

原作の方はゲームだそうですが、ゲームの方はどうなってるんだろう。と
ある意味気になってしまいますw
この作画崩壊はある意味見ものなので、★一個おまけです。
>

吉永さん家のガーゴイル


吉永さん家のガーゴイル感想
吉永さん家のガーゴイル感想

吉永さん家のガーゴイル
★★★☆☆

商店街の福引きで、吉永さん家の双葉がゲットしたのは、
前代未聞の生き物だった!
その犬の石像のように見えるガーゴイルが、
突然喋りだす、石より硬い、あげく自分を「吉永家の門番だ」というわで、
双葉の兄である和己はポカーン状態。
そんな吉永さん家の双葉とガーゴイルが、
ご町内でトラブルを巻き起こす…!?

若本さんの力は偉大

ここまで、表情が無い主人公は初めてかもしれない。(笑)
ガーゴイルは石像だから表情が無いのは理解できるけど、
最後まで同じ姿だとは・・・w
ある意味、超貴重なアニメだとおもいます。

肝心の内容は・・・そこまでの目新しさが全体にかける。
というより、重い話が多かった。

せっかく、ガーゴイルという面白いキャラクターがいるのに
そのキャラクターがはっちゃける場面が全然無く、
重たいストーリーを解決して最後は笑顔、ってパターンが多かった。

あえていえば、最初に新聞屋さんを
不審者と間違えて攻撃するシーンは笑った。(笑)
こういうシーンがたくさんある、コメディ路線でいけばもっと楽しめたのに。
重い話の連続で、見た目の軽さとのギャップで見ていてきつかった。

こんなに重い話をする必要は有ったんだろうか。
ん~・・・、作品の方向性が謎です。
キャラクターは非常にいいのに、ストーリーで生かせてない感じがします。

合う人は良いと思える作品だと重いますが、
合わない人にとっては「最後までみたけど、なんか微妙だったな」という印象を
残してしまうと思います。

全体的にガーゴイルさん達の存在がシュールなので、
そのシュールさがこの作品の魅力だと思います。
ガーゴイルを演じた「若本規夫」さんの実力はすごいなと感じさせる作品です。
もし若本規夫さん意外であれば、この作品の面白さは半減したかもしれません。

吉永さん家のガーゴイル 全13話/882円
今すぐDMMで見れちゃいます♪1話目は無料配信中!⇒こちらから
>

続きを読む

>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。