お知らせ
現在、当サイトの引越しを予定しております、引越し作業を順次行なっている最中ですが
既に引越し先は見れますのでブックマークされている方は変更をお願いしたいと思います。

アニるっ! (ブログ名も変更します)
http://www.animekansou.com/

記事数が多いため引越し作業に時間がかかる予定です。
記事タイトルの先頭に「★」マークの付いている記事は引越し済みの記事です

更新作業はかかさず行なって行きたいと思いますが、何か不具合などありましたらご連絡いただけると助かります
ではでは、今後ともアニメレビューブログをよろしくお願いいたします。
 
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

図書館戦争

Category: ★★★☆☆   Tags: リアル  
図書館戦争感想
★★★☆☆(41点)
図書館戦争感想
制作/PRODUCTION I.G
監督/浜名孝行
声優/井上麻里奈.前野智昭,石田彰,鈴木達央ほか
全12話
あらすじ
物語の舞台は「公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まるため」の検閲が、
法律によって認められ、検閲に際しては武力行使さえ許される近未来の日本。
検閲から本を守るための組織「図書隊」の奮闘と隊員である主人公の恋愛の行方を描く。



無法でたくさんだ!しかし!滑稽である!

原作は全4巻の小説で本作品はそのアニメ化作品、
このタイトルは正直、引かれるものは無かった、図書館?戦争?と
?な浮かぶ部分が沢山あり、見る前は「駄作かな」と思っていたのですが・・・
結果としては微妙な感じが残った(苦笑)

基本的なストーリーはリアル系。
メディア良化法というものが制定されている設定が根本にある、
このメディア良化法は、現実として実現されそうにもなった
「有害図書規制」「非実在青少年規制」に近いものがあり、
「公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まるための検閲が行われている世界だ。

そんな法律が制定された世界で唯一、図書館は絶対領域とされている。
図書館で働くものは、この言論弾圧とも言える法律に刃向かうことができ
主人公は本を守ろうとする武装組織である図書隊に努めている。

主人公の所属している図書隊についてはネット上でも色々な意見があり、
「戦争ごっこ」という言葉も出ていました。
確かに図書隊自体が運動してメディア良化法を無くそうとしているわけでもなく
政府の横暴に対しての防衛のみの手段をとる図書隊でしかないのが残念だ

ただ作品で伝えたい事はわかる、明確に伝えたいメッセージが有り
それを極論化して表現したのが、言論統制と言論自由の権力武力戦争。
アニメだからこそあり得る世界観だとは思うが、
あまりにもドンパチ部分にリアルさが感じられず、
もう少し政治的な要素や、テロorデモ的な要素があって欲しかったところだ。

更に一切登場人物が死なない、けが人などは出ているが
主要なキャラクターが死ぬようなことがなく、こう言った部分も
「戦争ごっこ」といえる所以であり、リアルさが一切無い。

特にメデイア良化法に賛同する者たちの理由もよくわからない。
利権とかは、作中で語られましたが主人公たちと比べて確たる理由がなく
「国が決めたからそうしている」
という印象がなく、リアルさにかけてしまう。
まあ、ある意味で日本人にはありがちな理由なのかもしれませんが・・・

あまりにもメディア良化法を執行するものに「正当性」がなく
作中では悪として描かれてしまっていることに、作品の浅さを感じ
設定上日本で、リアルなストーリーなのにこう言った部分での設定の弱さが
非常に残念でならない作品だ。

本作品はメディア良化法という部分以外はオリジナリティやリアルさや面白さがない。
設定の独特さだけでストーリーを構成してしまい、
その設定をうまいこと活かす事ができずに、矛盾だらけになっており
唯一の魅力である設定の独特さも生かせずにいた。

そもそも、このメディア良化法を扱うのであれば、もっと凝ったストーリーが必要だ。
政治的要素の駆け引きや、メディア良化法の正当性など
最低限描くべき部分をごまかして書いているせいで、設定の独特さ以外の評価ができない。

全体として恋愛要素があり、
主人公と上司のラブコメが最後まで展開されるが複雑な感じにはならず。
ここまでの感じだと、駄作なのだが、最後の言葉で少し評価を上げた

あえて抜粋させていただきます。

「映画とか、ドラマとか、音楽とか、アニメとか、
 人が表現したものが、自分を豊かにしてくれる、そんな経験ないですか?
 それを奪う権利を誰かが持っているというのは、間違っていると思います」

この言葉にはやられました。
これをアニメで言うのはある意味凄く挑戦的なものだ
ただ、このセリフを「活かす」ストーリーではなかった、
もう少しストーリーがマシであれば、この言葉で評価をぐぃっと挙げられたのだが・・・

全体的に浅い。
テーマや世界感は非常にいいのに設定の浅さや、
物語の短さ、シリアスさにかける点が残念で仕方がない。

守っているのが本に限定している点も微妙なと所だ。
メディア良化法というならばアニメや映画という媒体を守る要素がなく
「本以外は完璧に検閲・管理されている」という感じになってしまっているのが残念だ。

もう少し練り上げれば、もう少し考えて創り上げられば、
もしという話をしてもしょうがないが、扱っているテーマが面白いだけに
惜しい気持ちでいっぱいだ

本作品を敢えて例えるなら、
高級な松茸という素材を何故かチャーハンの具材に混ぜ、上からあんかけまでかけた。
料理方法を間違えた作品と言えるだろう。

Comments


最近、コメントを多く頂けて大変嬉し感じています
反面、わざわざプロクシを使用し別人のように振舞って同じようなコメントを残す方もいます
プロクシ経由のコメント、レビューに関係ないコメント、
根拠のない言いがかりや誹謗中傷のコメントは削除いたします。
 
アニメのみの評価で、嫌だ!とかではありません。
>政府の横暴に対しての防衛のみの手段をとる図書隊でしかないのが残念だ。
とありますが、それについては根本的に図書館の制度を変えて立ち向かおうとする組織も登場し、その組織は武力を手段として選びません。
主人公も勧誘を受けますが、「読みたいのは今だ。我慢できない」と断ってます。
戦争をして世の中を変えていく話ではありません。

世の中が理不尽で、それに対して自由を求め戦うダメでバカな女の子の話です。世の中を戦争によって変えて戦うヒーローの話ではありません。
図書館内の行政派、原則派、世情と図書館の立場。法務省と地方政権の話。いろいろとアニメでもいろいろと出てきています。
メディア良化委員の検閲の正当さについては、裏付け不足と思えますが、あなたはアニメをちゃんと見たのでしょうか?ストーリーのラブコメ部分にしか目がいかない視聴者なのでは?と評価をみて思いました。
現実の世の中で人間がそう簡単に死んではおかしいです。リアルとは死ぬことですか?お互いに死者がでない範囲で争うことがごっこですか?
設定のリアルさというのを見逃しているようにしか見えません。見方が違います。戦争アニメではありません。攻殻機動隊でもありません。

原作に比べアニメの出来はうーんだったのは確かで、シリアスさが足りなかったり、デモや主人公の頑張っているシーンがなくなってしまっていたり、裏付けやリアル感を出す要素は少ないのかもしれません。
原作からしてもこの様子で、というのは原作を読んだ人の意見を載せてから言うべき発言で、自分にはとても不快に感じました。どこの誰のどんな意見です?アニメでさえちゃんと理解できない人が原作を読んだ人の意見をちゃんと飲み込めたのでしょうか?元の発言がどのような意見だったのかちゃんと見たいです。

最後に、矛盾だらけというのならばどのような矛盾があるのか教えて下さい。
 
 
拙い文章で恥ずかしいです。レビューサイト自体はすごく参考になり、だからこそもっとちゃんとレビューしてくれよ!って思ってしまったのです。不快な文章になっておりましたらお許しください。反省いたしてます。
 
Re: タイトルなし 
コメントありがとうございます。

まず矛盾点ですが、本作品の一番重要な「メディア良化法」
これがそもそもの矛盾点というか少なくともアニメ内では説明不足です。
どういった内容の本が禁止されているかどうかが曖昧すぎるうえ、
確か30年ほどメディア良化法が制定されてから時間が立っているのに
主人公の年齢を考えると、本屋ではすでに検閲された本しか販売されていないはず。
検閲される売れない本を本屋も普通ならば置かないでしょう。

ただ、これは冒頭の導入なのである程度の強引さは容認できました。
しかしながら、図書館の自由法が実質「検閲」を進める理由にもなっている
図書館では自由に読めるのだから検閲して本屋で売れなくしても問題はない。
主人公達が戦っているのも所詮は検閲の抑圧回避のための「図書館自由法」にしか見えず
政治的に動いていた手塚の兄の方がよっぽど、メディア良化法に立ち向かっており
その点から主人公達の戦争が「戦争ごっこ」に見えてしまうんです。

「設定のリアルさというのを見逃している」とありますが、
本作品は少なくともアニメ内ではリアルさはありません。

上記の検閲と図書館自由法の関係や、国内での内紛ともいえる戦争が合法として許されている点、
メディア良化法が制定されて30年も立っているのに未だに本屋に検閲すべき本がある点、
これらの点を視聴者に飲み込ませるだけの説得力にかけました
上辺だけの設定で主人公達が戦争をしているだけで、そこにリアルさを感じませんでした
突っ込みだしたらきりがなくなってしまいますので、レビュー中ではあまり書きませんでした

これが主人公達がテロ組織である、または「政府が完璧に二分化されている」日本とかならば
納得できましたが、図書館も良化隊もメディア良化法以外は普通の日本での
法律の上で成り立っていることがそもそもの矛盾です。

そして
「お互いに死者がでない範囲で争うことがごっこですか?
設定のリアルさというのを見逃しているようにしか見えません。見方が違います。戦争アニメではありません。攻殻機動隊でもありません。 」

とありましたが、死者が出ないのももちろん戦争ごっこに見えてしまう点ではあるのですが
防弾チョッキで弱装弾だから当たっても大丈夫だったり、
図書館の開館時刻まで守り切れば図書隊の勝ちで良化隊が引き上げていく・・・というのも
ルールが決められたサバゲーのようです。
良化隊が本気になれば検閲なんて簡単なはずなのに、それをわざとしてないようにしか見えない。
こういう点が「主人公を戦わせるための理由」における上辺だけの設定としか感じず、
評価できる点が主人公のラブコメとメディア良化法という設定のみにしかなりませんでした。

なぜ、攻殻機動隊が出てきたのかがちょっとわからないのですが、
同じプロダクションIGだからでしょうか?レビュー中には比較の対象として出してないので
この点に関してはコメントを控えます。

「原作からしてもこの様子らしい」と自分でも書いてますが、
どこかの記事か内容を見て書いた覚えがあるのですが、記事元まで覚えておりません。
原作がどういったものかネットで検索し、感想を記事を見て一文かいた記憶があるのですが
この一文に関しては、たしかに私のレビューが間違っている可能性があるので
後日、レビュー分掌の訂正ともに訂正いたします。

ではでは、コメントありがとうございました。




 
Re: Re: タイトルなし 
すいません追記になります。

原作とアニメだとだいぶ評価が違うようなので、
せっかくなので原作を買って読んでみたいと思います。
現在忙しいため、月末読むことになりそうですが、
その後に記事に文章を追加するかもしれません。

ではでは
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 
テレビでCMしまくってたので面白いのかどうかあらすじを探したらここに来ました。

これを読むと駄作っぽいですね。
検閲ってことなので余華の兄弟 文革編ぐらい濃い内容かなと思ったら中二病アニメっぽいですね。
 
 
ばかにしすぎではありませんか?
駄作?中二病アニメ?
ふざけんな
有川さんにファンにあやまれ
 
 
なんで映画化できたのか
不思議なくらいダメなアニメ

これをおもしろいと言う人の気が
しれない。
頭が悪いんじゃないだろうか

このアニメにリアルさなんてない
本をみぐって殺しあいをする
意味がわからない。

なんのために本やらを規制するのも
わからないし、死んでまで守る
意味もわからない。

良化法はわかるとかいってる人も
おかしい。

独裁国家じゃあるまいし
あんな法律がまず
できるわけがない

お金をださずにアニメをみたり
音楽をきいたりする人に
訴えかけているんだろうが
もっと考えてつくってほしい

こんなアニメを映画化なんてすると
日本は頭がおかしくなったと
思われそうだ。

 
 
自分が理解できないから

「頭が悪いんじゃないだろうか」

という人なのかな。

原作の好きな箇所がアニメで変えられてたり
1クールにするために説明を省略されていたので微妙でしたが
この意見は残念。
 
 
このアニメを見ての感想としては、なかなかよかった、というものです。主人公のひたむきさ、好きです。

ただ、それは、このアニメを単体として見た場合です。
良質な作品と比べると、浅さや違和感は否めないと思います。とはいえ、多数の支持を得ているようですね。私が感じた浅さや違和感は、原作を忠実に描ききれなかったからなのでしょうか。(アニメしか見ていないためわかりません)

コメントを読んでいると、このような批評が作品への非難と受け止められているようで、残念でなりません。批評とは、その作品が好きかどうか、思い入れがあるかどうか、などと言う所から離れた点で為されるものと考えます。批判的なコメントをすると、自分が好きな作品への冒涜、しいては自分への攻撃のように感じものなのでしょうか。
批評とは難しいものですね。


 
 
この本を読んで、批判している人が良くわかんないです。
死人が出てないからリアルが欠けている?
きちんと、主人公が傷ついているじゃないですか!
心で!!盛大に!!
批判してる人、有川さんに、有川ファンに謝れ!!
 
 
映画上映を機会にこのレビューを見させていただきました。

恋愛模様、アクションなどの副次的な要素、アニメーターや声優の演技などは良い出来だった反面、私も笠希々さんと同じような感想を持ちました。

架空の未来という点でSF的要素はありながらも、現実との相違点が「制度」であるため、単に「便利な道具」が増えただけの「ロボット物」や「魔法物」とは異なるかと思います。

なお、死人が出ないことがリアルかどうかということでちょっとした論争になっているようですが、物語では直接出てこないだけで、「日野の悲劇」のような死人が出ている事件もあるようですし、ヘリで移送のシーンで笠原も「死ぬかもしれない」程度の自覚は描かれていることは一応注目してよいでしょう。

また、映画では本以外のメディアについても良化法に抗議して放送停止処分を受ける民放が登場しています。この辺はややリアル感を演出出来ていたとはおもいます(でも番組のコメンテーターはそんな状況ですら日常しすぎですね)。

ただ、そうであっても全体として浮いた感じが否めないのは、製作陣がホンマモンの言論統制を知らない、と思わざるを得ませんね。史実から言ってしまえば行政の下部組織である図書館など、真っ先に管理下に置ける。むしろ図書館こそ良化隊のバックボーン足りえるんじゃないかなぁ。また、良化隊は既存警察からも独立したゲシュタポと宗教警察の相の子として描けば済むとしても、図書隊の方は資金源に説得力がない。メディアから寄付募ってるなら、装備やスポンサーの口出しで苦労する場面位は欲しい物です。

100歩譲ってワイマール共和国期のような思想統制国家への移行過程、準軍事組織の乱立する世界、と捕らえればもう少し上手に設定を処理できたかもしれませんが。
 
 
レビューをかいた人は内容の浅さに関して、メディア良化法の正当性がうんだらかんだらとか言ってましたが、図書館戦争シリーズか外伝の後書きで、有川浩さんは「メディア良化法に賛同する人たちの意見はあえて書きませんでした。」見たいなことを書いていたはずです。作者がこう言ってる以上それを内容うんぬんで責めるのはおかしいと思います。 失礼ですがしっかり原作読みましたか
 
 
タイトルに「図書館」って入ってるのに、本以外の媒体を守る要素は必要ないと思う。そんな事をしたらそれこそ駄作になると思う
 
Re: タイトルなし 
本サイト管理人の笠希々です。
図書館戦争に関しての多くのコメントありがとうございます。
レビューの内容に関して様々なご意見、受け止めて今後の参考にしています。

しかし、1つだけ言いたいことがあります。
基本的に私は原作を読んでいません、
アニメを見る視聴者が必ずしも原作を読んでいるとは限らないうえに
原作を読んでいると先の展開がわかってしまうため、
先のストーリーを知っていて先入観を持たないように
なるべく原作を読まないようにしています。

あくまで本作品は「アニメ」としての評価です。
原作は原作、アニメはアニメ。
どんなに原作が面白くても、アニメ制作スタッフによって名作にも駄作にもなります。
小説という読者の想像の効く作品の想像の部分を作るわけですから、
どんな名シーンもどんな風に描写するかしないかはアニメ制作スタッフ次第です。

「原作の作者がこう言ってる。原作ではこうだ」
というのは、アニメという媒体で描写されていない
アニメだけを見た人には知らないことです。
そこにどんな意味があってもアニメを通して伝わらなければ意味がありません。

原作は原作、アニメはアニメで捉えていただけたらと思います。

ではでは。



 
 
細かい事ですが、笠希々さんはそう思うのならレビューの「原作からしてこの様子らしい」とゆう文は消してほしいものですね。
 
 
追記
原作がどういったものかネットでちょこちょこっと検索して個人の好き嫌いが入っている可能性もゼロではないようなよくわからない記事をもとにして原作からしてこの様子らしいとはかいてほしくありませんでした。    
 
Re: タイトルなし 
> 追記
> 原作がどういったものかネットでちょこちょこっと検索して個人の好き嫌いが入っている可能性もゼロではないようなよくわからない記事をもとにして原作からしてこの様子らしいとはかいてほしくありませんでした。    
レビュー当時、原作を読むつもりでこの文を書いており
あとから原作を読んだ後の印象を書くつもりでこの1文を
とりあえず書いてしまっていましたので修正および削除いたしました。
 
ただの文句です 
私は4月にある映画の主題歌を
Greeeenの
グリーンボーイズにしてほしい
と思います
 
 
アニメに関しては、ただのラブコメ作品だと思います。
文章がそれだけ力を持つという設定なのに、アニメの場合はその辺の説得力が皆無に等しいです。
原作は面白いかもしれないですけど。
原作とは別物だと思いますよ。
 
 
メディア良化法云々はわかる。現実に形は違えど過度なメディア規制がある国がある。だがそれは国家統制の一手段であって、それ自体が目的にはなりえない。
設定とかVSの構図もわかるよ。だがねー
何をどうしたらそのレジスタンスが図書館になる?リアル系?荒唐無稽なファンタジーにしか見えない。
もう妖精とか出てきちゃうレベル。俺の中では図書隊は妖精の部族くらいの表現 それぐらいありえない。ファンタジーっていうなら納得。

ただ違う視点でメディアは守らないとねっていうプロパガンダとして子供たちに見てほしいといったところなのだろうか?いい意味での印象操作?
ってことならがんばれとも思う。

でも映画自体はひどすぎた。
おとなにはあまりお勧めしない。
 
 
一応全巻読み通しましたけれども、ラブコメとしては及第点だが、表現の自由についてもう少し考察を深くして欲しかったのが本音

四巻(革命)の手塚兄と柴崎の会話、及び二巻(内乱)の郁の査問にて示された、なぜ良化法がイケナイのか、という疑問に対して為された解答が自分のなかでは不完全燃焼。

結論として、色々問題が生じたら司法に任せるべきーとか、丸投げとしか思えない
司法に限界があるから良化法が成り立ったとも考えられるのではないかと、考えてしまうのだ。

まぁ、そういうとこ突っ込まれないように良化法が成立は国民の無関心のせいっていう曖昧なことを何度も記述してるんだろうけどさ

良化隊にも良化隊なりの正義はあると思うし、そのへんも掘り下げて欲しかった
緒方さんの過去エピは緒方の主観混じりまくりでネガキャン以外の何物でもないw
 
根本的に… 
「映画とか、ドラマとか、音楽とか、アニメとか、
 人が表現したものが、自分を豊かにしてくれる、そんな経験ないですか?
 それを奪う権利を誰かが持っているというのは、間違っていると思います」


この気持ちはわかります。
しかし、自分を豊かにしてくれるものを銃で奪い合うのは間違っています。
誰かが血を流して守った本を読んで幸せだとか、心が豊かになるのなら、それはもう病気です。
依存症かジャンキーです。
 
 
物語が短いのはアニメだからであって、原作はもっと奥が深くいい話だ!
アニメしか見ていないのなら原作を読んでもらいたい
原作を読んでもそう思うのであらばしょうがない
自分は十分にリアルさのある話だと思っている
だが、有川さんや有川さんのファンには謝ってもらいたいくらいだ
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 

Leave a Comment




関連記事

11 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

10

12


 

About

管理人:笠希々
カウンター: Twitterブログパーツ
Twitterブログパーツ
 
サイト内検索
 
広告
 
 
Categories
カテゴリー 記事数
全記事一覧
★★★★★ 41
★★★★☆ 149
★★★☆☆ 217
★★☆☆☆ 159
★☆☆☆☆ 138
☆☆☆☆☆ 108
お知らせ 5
未分類 0
移転済み記事 295
 
人気ページランキング
 
 
 
出演声優別アニメ

アクションファンタジーSFラブコメコメディロボット青春サスペンスセクシー2012年花澤香菜沢城みゆき田中真弓2013年萌え日常子安武人喜多村英梨中井和哉阿澄佳奈福山潤能登麻美子山口勝平堀江由衣日笠陽子野沢雅子平田広明井口裕香神谷浩史斎藤千和釘宮理恵中村悠一岡村明美山寺宏一リアル早見沙織戸松遥櫻井孝宏茅野愛衣福圓美里藤原啓治浪川大輔石田彰梶裕貴鈴村健一豊崎愛生小野大輔竹達彩奈大塚明夫下野紘川澄綾子伊藤静森川智之遠藤綾三森すずこ佐藤利奈小清水亜美茅原実里岡本信彦水橋かおり名塚佳織杉田智和田村ゆかり宮野真守井上麻里奈諏訪部順一野水伊織朴璐美加藤英美里伊藤かな恵新谷良子草尾毅竹内順子置鮎龍太郎悠木碧田中敦子古川登志夫井上喜久子高垣彩陽後藤邑子木村良平水樹奈々小林沙苗明坂聡美小林ゆう中原麻衣保志総一朗入野自由小倉唯ゆかな鶴ひろみ大原さやか高橋美佳子中村千絵井上和彦白石涼子日高里菜植田佳奈寿美菜子久川綾伊瀬茉莉也矢作紗友里中田譲治沼倉愛美内田真礼平野綾2004年小西克幸生天目仁美仲野裕古谷徹金元寿子堀川亮玄田哲章高塚正也関智一大場真人吉野裕行石塚運昇下田麻美瀬戸麻沙美大川透寺島拓篤宮内幸平龍田直樹田村睦心田中理恵1995年松来未祐阪口大助高乃麗杉山紀彰冬馬由美大塚周夫津田健次郎伊藤美紀こおろぎさとみ菅原正志逢坂良太新井里美高山みなみ甲斐田裕子小見川千明坂本真綾内田彩石原夏織2009年三木眞一郎藤田咲内山昂輝今井麻美浅倉杏美渡辺久美子皆口裕子広橋涼1994年小山力也佐藤聡美渡辺菜生子浅川悠五十嵐裕美日野聡音楽桑谷夏子前野智昭折笠富美子桑島法子MAKO藤村歩島田敏浅沼晋太郎野島健児富樫美鈴2008年阿部敦原田ひとみ今野宏美津田美波甲斐田ゆき大久保瑠美内山夕実豊永利行代永翼小山茉美堀江一眞佐倉綾音皆川純子森田成一鈴置洋孝園崎未恵東山奈央儀武ゆう子緑川光2007年丹下桜大亀あすか中島愛緒方恵美阪脩細谷佳正江口拓也檜山修之三石琴乃水島大宙徳井青空2005年2006年日高のり子永田依子大林隆之介桜井智速水奨竹田えり巽悠衣子大木民夫菅生隆之山口太郎真田アサミ1993年椎名へきる林延年月宮みどり若本規夫小林清志山口理恵真堂圭潘めぐみ矢島晶子ならはしみき佐々木未来岸尾だいすけくまいもとこ後藤沙緒里屋良有作雪野五月内田直哉栗田貫一郷里大輔林原めぐみかないみか辻親八安元洋貴國分優香里柿原徹也野中藍赤崎千夏金田朋子種田梨沙浅野真澄山本希望高森奈津美曽我部和恭下屋則子2011年合田彩2003年上坂すみれ折笠愛羽多野渉清水愛1987年中尾隆聖鈴木達央美名松風雅也森久保祥太郎南里侑香大坪由佳中博史佐藤亜美菜松本まりかかかずゆみ三澤紗千香立木文彦加瀬康之南條愛乃神奈延年山本和臣増川洋一門脇舞以興津和幸菊池こころ本田貴子近藤孝行松岡禎丞佐藤奏美石毛佐和銀河万丈山口立花子真柴摩利てらそままさき進藤尚美林玉緒橘田いずみ大谷美貴石川英郎牧野由依千葉紗子木村昴根谷美智子小野涼子櫻井浩美小松未可子川上とも子近藤隆星野充昭森谷里美神谷明有本欽隆米澤円福原香織三宅麻理恵郷田ほづみ上田祐司谷山紀章西明日香志村知幸斎賀みつき片岡あづさ飯塚昭三緒方賢一チョー三上枝織千葉進歩高橋広樹奈良徹勝生真沙子堀之紀1990年高木渉筈見純辻村真人茶風林大谷育江榊原良子諸星すみれ八奈見乗児水谷優子1992年2010年1991年森山周一郎1985年小林愛江森浩子京田尚子1989年二又一成荘真由美小杉十郎太松岡由貴國府田マリ子鈴森勘司木内秀信四宮豪1999年木戸衣吹永井一郎千葉繁小西寛子小野友樹島﨑信長大塚芳忠2000年渡辺明乃1997年岩坪理江2002年富田耕生2001年松本梨香納谷悟朗遊佐浩二森一馬根本正勝かねこはりい鮭延未可高坂篤志笹岡繁蔵相橋愛子後藤麻衣小関一田坂秀樹吉田理保子壱智村小真吉田真弓本多知恵子力丸乃りこ小野健一勝地涼佐古真弓澤田博幸松井菜桜子勝沼紀義田中秀幸柴本浩行佐久間レイ水野理沙瑞沢渓前田剛一城みゆ希平川大輔富山敬知桐京子細野佑美子松山タカシ頓宮恭子小山武宏森永理科水原薫金尾哲夫伊藤健太郎高田裕司横山智佐浜添伸也鳥海浩輔升望高本めぐみ相澤みちる斎藤桃子白鳥由里内海賢二川瀬晶子木村はるか石森達幸白石稔小村哲生阪田佳代荒川美穂塩屋翼本信彦藤東知夏水内清光巻島直樹島津冴子上田燿司宮澤正大下孝太水島裕志総一朗小川真司七瀬亜深平賀三恵若本紀昭高橋美紀沢木郁也柚木涼香篠原恵美関俊彦江川央生新田恵海小林俊夫斎藤志郎嶋方淳子渡部優衣松田重治結城比呂青森伸西尾徳久保ユリカ豊口めぐみ下屋則子奈小幡記子戸谷公次1988年井上麻里中田浩二福島潤中尾衣里日髙のり子山口健鳴海杏子高橋伸也佐藤ゆう子犬山犬子鈴木れい子日比愛子永澤菜教朴路美田坂浩樹ブリドカットセーラ恵美赤﨑千夏中村浩太郎大平透来宮良子村瀬歩尾高もえみ大橋彩香駒形友梨藤田麻美宮本佳那子荻野晴朗3D藤堂真衣東條加那子手塚秀彰岡寛恵村川梨衣清水香里村繪里子池田秀一長谷川明子仁後真耶子よこざわけい子本郷奏多深見梨加千葉千恵巳堀秀行石村知子小林由美子平田宏美渕崎ゆり子種崎敦美山本百合子佐藤晴男菊池志穂東野佑美島本須美塩沢兼人立花慎之介土井美加戸田恵子菅原淳一新名彩乃金丸日向子山岡ゆり渕上舞田丸篤志洲崎綾岩崎征実尾崎真実中上育実宮本侑芽1986年山田栄子堀川りょう多田野曜平山崎たくみ友永朱音氷青南央美中尾みち雄平松晶子高田由美鈴木菜穂子うえだゆうじ寺杣昌紀小桜エツ子齋藤彩夏荻原秀樹楠見尚己広瀬正志小野坂昌也佐藤裕美日笠山亜美長島雄一千田光男本城雄太郎真殿光昭奥田啓人渡辺麻友雪乃五月本多陽子金子はりい成田剣宮村優子狩野茉莉岩瀬周平冨永み~な藤谷美紀山戸めぐみ葉月絵理乃飛田展男涼風真世福井裕佳梨増谷康紀川島得愛吉谷彩子嶋村侑佐藤拓也原由実浅野まゆみ井上瑤稲田徹一龍斎貞友冨永みーな平野文平田真菜松井恵理子加藤精三桜庭ななみ田中圭松坂桃李MEG岡崎宏西村朋紘櫻井智野島祐史片岡未来神原大地赤羽根健治田所あずさ松本忍西口杏里沙宮崎まゆ乃村健次高橋理恵子愛河里花子内田夕夜野川さくら青羽剛村田秋乃松嵜麗仲谷明香斉藤佑圭中村繪里子恒松あゆみ原紗友里川原慶久田沙也加桃井はるこ長谷川静香清水理沙吉田聖子花江夏樹西川幾雄廣田行生井上剛楠大典勝部演之くじら石井康嗣恋愛西村知道神田朱未岩居由希子山崎和佳奈増岡太郎遠近孝一世戸さおり野島昭生河相我聞野沢那智納谷六朗林真里花丹沢晃之中村秀利玉川砂記子池田恭祐磯辺万沙子小野賢章田中正彦土門仁大泉洋松たか子高部あい村田知沙常盤貴子今井美樹高城元気ウエンツ瑛士ささきのぞみ斉藤暁沢村一樹岩男潤子池澤春菜鳳芳野間宮くるみ本和臣鈴木杏高口幸子児玉清津嘉山正種中村嘉葎雄小西真奈美田中好子森本レオ工藤晴香島崎信長横沢啓子山本圭子太田淑子三浦祥朗岩田光央石塚堅佐久間紅美宮田始典中島麻実天瀬まゆ高橋裕子平野正人村田彩弥生みつき市来光弘白石文子黒田由美石原絵理子中村桜山口由里子たみやすともえ小菅真美本多真梨子高井舞香戸田亜紀子阿久津加菜小形満川本成寺本來可半場友恵五十嵐麗岸祐二藤本譲武内健佐々木敏坂巻学神木隆之介池田千草松本考平松原大典小森創介長克巳菊本平原嶋あかりたなか久美新妻聖子幸田直子前川優子高島雅羅土師孝也相沢舞中村知子松谷彼哉古谷静佳味里村井理沙子保村真土田大佐土原かおり岩崎ひろしGACKT三橋加奈子高橋研二宮下栄治永野善一小伏伸之最上嗣生谷原章介栗山千明岸野幸正糸博川村万梨阿

 
 
QRコード
QR
 


SEOSEOツール