スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>

図書館戦争

図書館戦争感想
すべての記事は移転されました。続きは下記のサイトからご覧ください http://www.animekansou.com/
>

コメント

アニメのみの評価で、嫌だ!とかではありません。
>政府の横暴に対しての防衛のみの手段をとる図書隊でしかないのが残念だ。
とありますが、それについては根本的に図書館の制度を変えて立ち向かおうとする組織も登場し、その組織は武力を手段として選びません。
主人公も勧誘を受けますが、「読みたいのは今だ。我慢できない」と断ってます。
戦争をして世の中を変えていく話ではありません。

世の中が理不尽で、それに対して自由を求め戦うダメでバカな女の子の話です。世の中を戦争によって変えて戦うヒーローの話ではありません。
図書館内の行政派、原則派、世情と図書館の立場。法務省と地方政権の話。いろいろとアニメでもいろいろと出てきています。
メディア良化委員の検閲の正当さについては、裏付け不足と思えますが、あなたはアニメをちゃんと見たのでしょうか?ストーリーのラブコメ部分にしか目がいかない視聴者なのでは?と評価をみて思いました。
現実の世の中で人間がそう簡単に死んではおかしいです。リアルとは死ぬことですか?お互いに死者がでない範囲で争うことがごっこですか?
設定のリアルさというのを見逃しているようにしか見えません。見方が違います。戦争アニメではありません。攻殻機動隊でもありません。

原作に比べアニメの出来はうーんだったのは確かで、シリアスさが足りなかったり、デモや主人公の頑張っているシーンがなくなってしまっていたり、裏付けやリアル感を出す要素は少ないのかもしれません。
原作からしてもこの様子で、というのは原作を読んだ人の意見を載せてから言うべき発言で、自分にはとても不快に感じました。どこの誰のどんな意見です?アニメでさえちゃんと理解できない人が原作を読んだ人の意見をちゃんと飲み込めたのでしょうか?元の発言がどのような意見だったのかちゃんと見たいです。

最後に、矛盾だらけというのならばどのような矛盾があるのか教えて下さい。

拙い文章で恥ずかしいです。レビューサイト自体はすごく参考になり、だからこそもっとちゃんとレビューしてくれよ!って思ってしまったのです。不快な文章になっておりましたらお許しください。反省いたしてます。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

まず矛盾点ですが、本作品の一番重要な「メディア良化法」
これがそもそもの矛盾点というか少なくともアニメ内では説明不足です。
どういった内容の本が禁止されているかどうかが曖昧すぎるうえ、
確か30年ほどメディア良化法が制定されてから時間が立っているのに
主人公の年齢を考えると、本屋ではすでに検閲された本しか販売されていないはず。
検閲される売れない本を本屋も普通ならば置かないでしょう。

ただ、これは冒頭の導入なのである程度の強引さは容認できました。
しかしながら、図書館の自由法が実質「検閲」を進める理由にもなっている
図書館では自由に読めるのだから検閲して本屋で売れなくしても問題はない。
主人公達が戦っているのも所詮は検閲の抑圧回避のための「図書館自由法」にしか見えず
政治的に動いていた手塚の兄の方がよっぽど、メディア良化法に立ち向かっており
その点から主人公達の戦争が「戦争ごっこ」に見えてしまうんです。

「設定のリアルさというのを見逃している」とありますが、
本作品は少なくともアニメ内ではリアルさはありません。

上記の検閲と図書館自由法の関係や、国内での内紛ともいえる戦争が合法として許されている点、
メディア良化法が制定されて30年も立っているのに未だに本屋に検閲すべき本がある点、
これらの点を視聴者に飲み込ませるだけの説得力にかけました
上辺だけの設定で主人公達が戦争をしているだけで、そこにリアルさを感じませんでした
突っ込みだしたらきりがなくなってしまいますので、レビュー中ではあまり書きませんでした

これが主人公達がテロ組織である、または「政府が完璧に二分化されている」日本とかならば
納得できましたが、図書館も良化隊もメディア良化法以外は普通の日本での
法律の上で成り立っていることがそもそもの矛盾です。

そして
「お互いに死者がでない範囲で争うことがごっこですか?
設定のリアルさというのを見逃しているようにしか見えません。見方が違います。戦争アニメではありません。攻殻機動隊でもありません。 」

とありましたが、死者が出ないのももちろん戦争ごっこに見えてしまう点ではあるのですが
防弾チョッキで弱装弾だから当たっても大丈夫だったり、
図書館の開館時刻まで守り切れば図書隊の勝ちで良化隊が引き上げていく・・・というのも
ルールが決められたサバゲーのようです。
良化隊が本気になれば検閲なんて簡単なはずなのに、それをわざとしてないようにしか見えない。
こういう点が「主人公を戦わせるための理由」における上辺だけの設定としか感じず、
評価できる点が主人公のラブコメとメディア良化法という設定のみにしかなりませんでした。

なぜ、攻殻機動隊が出てきたのかがちょっとわからないのですが、
同じプロダクションIGだからでしょうか?レビュー中には比較の対象として出してないので
この点に関してはコメントを控えます。

「原作からしてもこの様子らしい」と自分でも書いてますが、
どこかの記事か内容を見て書いた覚えがあるのですが、記事元まで覚えておりません。
原作がどういったものかネットで検索し、感想を記事を見て一文かいた記憶があるのですが
この一文に関しては、たしかに私のレビューが間違っている可能性があるので
後日、レビュー分掌の訂正ともに訂正いたします。

ではでは、コメントありがとうございました。




Re: Re: タイトルなし

すいません追記になります。

原作とアニメだとだいぶ評価が違うようなので、
せっかくなので原作を買って読んでみたいと思います。
現在忙しいため、月末読むことになりそうですが、
その後に記事に文章を追加するかもしれません。

ではでは

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

テレビでCMしまくってたので面白いのかどうかあらすじを探したらここに来ました。

これを読むと駄作っぽいですね。
検閲ってことなので余華の兄弟 文革編ぐらい濃い内容かなと思ったら中二病アニメっぽいですね。

ばかにしすぎではありませんか?
駄作?中二病アニメ?
ふざけんな
有川さんにファンにあやまれ

なんで映画化できたのか
不思議なくらいダメなアニメ

これをおもしろいと言う人の気が
しれない。
頭が悪いんじゃないだろうか

このアニメにリアルさなんてない
本をみぐって殺しあいをする
意味がわからない。

なんのために本やらを規制するのも
わからないし、死んでまで守る
意味もわからない。

良化法はわかるとかいってる人も
おかしい。

独裁国家じゃあるまいし
あんな法律がまず
できるわけがない

お金をださずにアニメをみたり
音楽をきいたりする人に
訴えかけているんだろうが
もっと考えてつくってほしい

こんなアニメを映画化なんてすると
日本は頭がおかしくなったと
思われそうだ。

自分が理解できないから

「頭が悪いんじゃないだろうか」

という人なのかな。

原作の好きな箇所がアニメで変えられてたり
1クールにするために説明を省略されていたので微妙でしたが
この意見は残念。

このアニメを見ての感想としては、なかなかよかった、というものです。主人公のひたむきさ、好きです。

ただ、それは、このアニメを単体として見た場合です。
良質な作品と比べると、浅さや違和感は否めないと思います。とはいえ、多数の支持を得ているようですね。私が感じた浅さや違和感は、原作を忠実に描ききれなかったからなのでしょうか。(アニメしか見ていないためわかりません)

コメントを読んでいると、このような批評が作品への非難と受け止められているようで、残念でなりません。批評とは、その作品が好きかどうか、思い入れがあるかどうか、などと言う所から離れた点で為されるものと考えます。批判的なコメントをすると、自分が好きな作品への冒涜、しいては自分への攻撃のように感じものなのでしょうか。
批評とは難しいものですね。


この本を読んで、批判している人が良くわかんないです。
死人が出てないからリアルが欠けている?
きちんと、主人公が傷ついているじゃないですか!
心で!!盛大に!!
批判してる人、有川さんに、有川ファンに謝れ!!

映画上映を機会にこのレビューを見させていただきました。

恋愛模様、アクションなどの副次的な要素、アニメーターや声優の演技などは良い出来だった反面、私も笠希々さんと同じような感想を持ちました。

架空の未来という点でSF的要素はありながらも、現実との相違点が「制度」であるため、単に「便利な道具」が増えただけの「ロボット物」や「魔法物」とは異なるかと思います。

なお、死人が出ないことがリアルかどうかということでちょっとした論争になっているようですが、物語では直接出てこないだけで、「日野の悲劇」のような死人が出ている事件もあるようですし、ヘリで移送のシーンで笠原も「死ぬかもしれない」程度の自覚は描かれていることは一応注目してよいでしょう。

また、映画では本以外のメディアについても良化法に抗議して放送停止処分を受ける民放が登場しています。この辺はややリアル感を演出出来ていたとはおもいます(でも番組のコメンテーターはそんな状況ですら日常しすぎですね)。

ただ、そうであっても全体として浮いた感じが否めないのは、製作陣がホンマモンの言論統制を知らない、と思わざるを得ませんね。史実から言ってしまえば行政の下部組織である図書館など、真っ先に管理下に置ける。むしろ図書館こそ良化隊のバックボーン足りえるんじゃないかなぁ。また、良化隊は既存警察からも独立したゲシュタポと宗教警察の相の子として描けば済むとしても、図書隊の方は資金源に説得力がない。メディアから寄付募ってるなら、装備やスポンサーの口出しで苦労する場面位は欲しい物です。

100歩譲ってワイマール共和国期のような思想統制国家への移行過程、準軍事組織の乱立する世界、と捕らえればもう少し上手に設定を処理できたかもしれませんが。

レビューをかいた人は内容の浅さに関して、メディア良化法の正当性がうんだらかんだらとか言ってましたが、図書館戦争シリーズか外伝の後書きで、有川浩さんは「メディア良化法に賛同する人たちの意見はあえて書きませんでした。」見たいなことを書いていたはずです。作者がこう言ってる以上それを内容うんぬんで責めるのはおかしいと思います。 失礼ですがしっかり原作読みましたか

タイトルに「図書館」って入ってるのに、本以外の媒体を守る要素は必要ないと思う。そんな事をしたらそれこそ駄作になると思う

Re: タイトルなし

本サイト管理人の笠希々です。
図書館戦争に関しての多くのコメントありがとうございます。
レビューの内容に関して様々なご意見、受け止めて今後の参考にしています。

しかし、1つだけ言いたいことがあります。
基本的に私は原作を読んでいません、
アニメを見る視聴者が必ずしも原作を読んでいるとは限らないうえに
原作を読んでいると先の展開がわかってしまうため、
先のストーリーを知っていて先入観を持たないように
なるべく原作を読まないようにしています。

あくまで本作品は「アニメ」としての評価です。
原作は原作、アニメはアニメ。
どんなに原作が面白くても、アニメ制作スタッフによって名作にも駄作にもなります。
小説という読者の想像の効く作品の想像の部分を作るわけですから、
どんな名シーンもどんな風に描写するかしないかはアニメ制作スタッフ次第です。

「原作の作者がこう言ってる。原作ではこうだ」
というのは、アニメという媒体で描写されていない
アニメだけを見た人には知らないことです。
そこにどんな意味があってもアニメを通して伝わらなければ意味がありません。

原作は原作、アニメはアニメで捉えていただけたらと思います。

ではでは。



細かい事ですが、笠希々さんはそう思うのならレビューの「原作からしてこの様子らしい」とゆう文は消してほしいものですね。

追記
原作がどういったものかネットでちょこちょこっと検索して個人の好き嫌いが入っている可能性もゼロではないようなよくわからない記事をもとにして原作からしてこの様子らしいとはかいてほしくありませんでした。    

Re: タイトルなし

> 追記
> 原作がどういったものかネットでちょこちょこっと検索して個人の好き嫌いが入っている可能性もゼロではないようなよくわからない記事をもとにして原作からしてこの様子らしいとはかいてほしくありませんでした。    
レビュー当時、原作を読むつもりでこの文を書いており
あとから原作を読んだ後の印象を書くつもりでこの1文を
とりあえず書いてしまっていましたので修正および削除いたしました。

ただの文句です

私は4月にある映画の主題歌を
Greeeenの
グリーンボーイズにしてほしい
と思います

アニメに関しては、ただのラブコメ作品だと思います。
文章がそれだけ力を持つという設定なのに、アニメの場合はその辺の説得力が皆無に等しいです。
原作は面白いかもしれないですけど。
原作とは別物だと思いますよ。

メディア良化法云々はわかる。現実に形は違えど過度なメディア規制がある国がある。だがそれは国家統制の一手段であって、それ自体が目的にはなりえない。
設定とかVSの構図もわかるよ。だがねー
何をどうしたらそのレジスタンスが図書館になる?リアル系?荒唐無稽なファンタジーにしか見えない。
もう妖精とか出てきちゃうレベル。俺の中では図書隊は妖精の部族くらいの表現 それぐらいありえない。ファンタジーっていうなら納得。

ただ違う視点でメディアは守らないとねっていうプロパガンダとして子供たちに見てほしいといったところなのだろうか?いい意味での印象操作?
ってことならがんばれとも思う。

でも映画自体はひどすぎた。
おとなにはあまりお勧めしない。

一応全巻読み通しましたけれども、ラブコメとしては及第点だが、表現の自由についてもう少し考察を深くして欲しかったのが本音

四巻(革命)の手塚兄と柴崎の会話、及び二巻(内乱)の郁の査問にて示された、なぜ良化法がイケナイのか、という疑問に対して為された解答が自分のなかでは不完全燃焼。

結論として、色々問題が生じたら司法に任せるべきーとか、丸投げとしか思えない
司法に限界があるから良化法が成り立ったとも考えられるのではないかと、考えてしまうのだ。

まぁ、そういうとこ突っ込まれないように良化法が成立は国民の無関心のせいっていう曖昧なことを何度も記述してるんだろうけどさ

良化隊にも良化隊なりの正義はあると思うし、そのへんも掘り下げて欲しかった
緒方さんの過去エピは緒方の主観混じりまくりでネガキャン以外の何物でもないw

根本的に…

「映画とか、ドラマとか、音楽とか、アニメとか、
 人が表現したものが、自分を豊かにしてくれる、そんな経験ないですか?
 それを奪う権利を誰かが持っているというのは、間違っていると思います」


この気持ちはわかります。
しかし、自分を豊かにしてくれるものを銃で奪い合うのは間違っています。
誰かが血を流して守った本を読んで幸せだとか、心が豊かになるのなら、それはもう病気です。
依存症かジャンキーです。

物語が短いのはアニメだからであって、原作はもっと奥が深くいい話だ!
アニメしか見ていないのなら原作を読んでもらいたい
原作を読んでもそう思うのであらばしょうがない
自分は十分にリアルさのある話だと思っている
だが、有川さんや有川さんのファンには謝ってもらいたいくらいだ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。