スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>

ワールドデストラクション


ワールドデストラクション感想
ワールドデストラクション感想

ワールドデストラクション
★★★☆☆

小さな港町の食堂で働く青年キリエ。
ある日、キリエの前に指名手配中の少女モルテが現れる。
彼女は世界を滅ぼすと言い伝えられている秘宝「デストラクト・コード」を持っていた。
モルテに巻き込まれて、共に世界救済委員会に追われるはめとなったキリエ。
そこにチビクマ族の獣人、勇者トッピーが現れて…。

チビクマが大活躍のアニメ

セガ原作のゲームをもとにしたアニメ。
このフレーズだとあんまり期待出来る作品ではないのかなと見始めましたが・・・

あれ?意外にいい。(笑)

13話という話数でいい感じにストーリー構成がされており
ちょっと愛た時間に見るのにはちょうどいいファンタジー作品でした。

しかし、上のあらすじにもある通り
ヒロインである女の子はとある事情から世界の破滅を望んでおります。
でも、その事情が微妙に弱い。  

たしかに気持ちもわかるし、恨む気持ちもわかる。
破滅を望むほどのものだろうか?と思ってしまった。

でも、そんなの関係なくなるほどチビクマ族の獣人、勇者トッピーが非常にかわいい
あんなテディベアみたいな外見なのにいい声w
勇者トッピーがいなければ、このアニメの評価は下がっていました。

主人公のキリエは戦闘しない男で、なよなよ系です。
最終話でのどんでん返しがなければ、本当にただの臆病者(苦笑)

13話という1クール期間で、最終話でのストーリーの展開や
落ちのつけ方はよくまとまっており、ゲーム原作とは思えないほど
いいできでした。

ただ、2期があっても別に見ないかな・・・
ゲーム自体の評価も微妙みたいですしね。
でも、ゲームの動画見てみるとちょっとやってみたいかも?
ゲームのいい宣伝にはなったかもしれませんね。




2008年夏期放送開始の新作アニメ一覧・前
>

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。