スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>

あの夏で待ってる

あの夏で待ってる感想
すべての記事は移転されました。続きは下記のサイトからご覧ください http://www.animekansou.com/
>

コメント

ここに書かれた感想とまったく同じ感想でした。おねティ、おねツィ、あの花みてますけど、中途半端で破綻してた。特にヒロインに魅力がないのが致命的で感情移入できませんでした。

いやいやいや、あなた、おねがいシリーズもう一回見なおしてみ?
あの夏と同じような矛盾やご都合主義は多々あるからね?
一緒に住む過程なんか、おねティのほうがよっぽどご都合主義ですよ。
偶然主人公宅の隣に先生引っ越してくるし(本編見ると宇宙人だってバレたんじゃないかって探りを入れる為に隣に引っ越してきたわけじゃなく、偶然らしいw)、体育倉庫での不祥事の言い訳で、おじさんがこいつら夫婦ですからって唐突に無理やりすぎること言い出すし、そして嘘だってばれないように本当に結婚→校長も「市役所に問い合わせた所本当のようですね」って昨日市役所に婚姻届けたらバレるでしょって普通思いますし、校長が元学生の嫁さんをもらってるから理解を示した・・・という方がよっぽどご都合主義ですからww
ただ、おねティが面白く、あの夏が色々中途半端だなって感想は同意。
おねティはアニメとしての面白さを追求していて、アニメならではのご都合主義はむしろ心地良いとすら感じるのに対して、あの夏はアニメらしい展開で始まりながら、中途半端に現実のリアルさを持ちだしてることに違和感を覚えてしまいますし、だからこそご都合主義や矛盾といった本来アニメなら気にする必要が無いことまでそう感じてしまうのでしょうね。
非公開コメント

トラックバック

あの夏で待ってる/ブログのエントリ

あの夏で待ってるに関するブログのエントリページです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。