スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>

めだかボックス

★☆☆☆☆(12点)
めだかボックス アブノーマル 第6巻 [Blu-ray]
制作/GAINAX
監督/佐伯昭志
あらすじ
文武両道・容姿端麗・質実剛健・才色兼備・有言実行……の完璧超人である箱庭学園の1年生、黒神めだか。彼女は入学したてでありながらも、生徒会長選挙で大言壮語を放った結果、98%の支持率を得て箱庭学園第98代生徒会長となる。選挙戦での公約通り「目安箱」を設置し、その投書に書かれた案件を幼馴染の人吉善吉と共に解決していく。
すべての記事は移転されました。続きは下記のサイトからご覧ください http://www.animekansou.com/
>

コメント

つまらない作品が氾濫するのはつまらない人間が増えたから

昔、ある番組で「なぜ亀田を応援する人間がリアルに居るのか」と
議論されていた事がありました。で、やくみつるがこう言っていたんです。

「ドラマや映画でも、明らかにプロが見ても駄作と思える作品が
平気で売られている。で、ビックリしたのが関西で亀田を心から
応援している若者が増えているんです。彼らの思考は、単純です。
自分と年が同じで、社会から嫌われている。ゆとりだと馬鹿にされ、
アルバイト先でも孤立しているから、共感できると聞いて驚きました。
こう分析してみると、年々つまらない作品が支持されているのは
僕たちおっさんが思考が固いんじゃなくて、むしろ薄っぺらい
作品を面白いと思う若い子が増えたのが原因なのかなと。」

他にもライトノベルについて、心理学者の人が言ってました。
「ライトノベルでも、とても文学とは言えない小学生が書いた
ラブコメが支持されています。で、若者の大半が絶賛している。
彼らに今一番面白いのは何ですかと聞いたら、お笑い番組や
深夜にやっているアニメなんです。それも内容が凄く幼稚で、
整合性が無いものばかりです。で、ラブコメの話に戻しますが
明らかに著者が恋愛経験が全く無く、想像だけで書いているんです。
登場してくる女性は全て主人公に恋をします。不自然なほどに。
そこには因果性はなく、無理矢理なストーリー展開で進みます。」

最後に司会者が一言で言いました。
「つまらない大人が作ったものを、今の子供は素直に喜んで
しまっているんでしょうね。我々の責任なのかもしれません。」
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。